公正証書作成相談イメージ

病院や介護施設に入るために必要な身元保証人とは?

病院や介護施設に入る条件として、病院や介護施設から「身元保証人」を求められる場合があります。身元保証人が担う役割には、次のようなものがあります。

◎支払いの滞納があった場合に保証する役割

本人が病院の入院費や介護施設の月々の家賃や光熱費などを滞納した場合、病院や介護施設は身元保証人にこれらを請求することができます。身元保証人は、その債務を負う義務があります。

◎意思決定が難しくなった場合に、本人がすべき行為を代理する役割

本人の認知症が進行し普段のコミュニケーションや意思確認、決定が難しくなった場合、本人が同意すべき次のことなどについて、身元保証人に判断を委ねることができます。
・入院計画書やケアプランの同意
・医療行為の同意
また、体調の急変など緊急時の連絡先も、身元保証人宛てになります。

◎退去時の身元引受け先として

本人が死亡した場合、または何らかの事情で退去する場合、身元保証人が入居者の身元引受け先になります。また、身元保証人に退去時の私物の引き取りや未払い料金の清算などの義務が生じます。

一般的には本人の子どもまたは兄弟など、近い親族が身元保証人になるケースがほとんどです。しかし、子どものいない高齢者の方や、子どもがいても何らかの理由で代理を求められない方、近い親族も高齢者の方などである場合には、病院や介護施設から入院または入居を拒まれることがあります。

家族や親族が身元保証人となることができない場合には、当事務所の行政書士などの国家資格者や、公益社団法人、NPO団体などが提供する身元引受け代理サービスに依頼して頂ければ、身元保証人となることが可能です。

なお、介護施設によっては身元保証人の代わりに「成年後見人」を選任することで入居ができる場合もあります。笑顔身元保証人の受任や、その契約に関する公正証書の作成は、当事務所でサポートできます。
お気軽にご連絡ください。

このページの先頭へ