公正証書作成相談イメージ

金銭消費貸借契約公正証書

説明金銭消費貸借契約公正証書

金銭消費貸借契約とは、将来の弁済を約束した上で、金銭を消費するために借り入れる契約のことをいいます。一般的に、銀行や消費者金融等の金融機関等が貸主となって締結されることが多いですが、一般の方同士で契約することももちろん可能です。

金銭消費貸借契約書も借用書も、どちらも紛争の際には証拠となりうるものですが、金銭消費貸借契約書は借主・貸主双方が保管するため、通常は正本を2通又は正副2通を作成するのに対し、借用書の場合は借主が署名捺印して貸主へ差し入れる事が多いので1通しか作成されない場合が多いです。

金銭消費貸借契約書を公正証書にするメリットとしては、借主が返済してこなかったときはすぐに強制執行手続きをとることができること(注:契約書の中に執行認諾文言を入れておく必要があります)、証拠の滅失・棄損の心配が無いこと、高い証拠力を有するので債務者が自発的に返済してくる可能性が高いことなどが考えられます。

もっとも、公正証書は契約内容があなたにとって有利であることまで担保するものではありませんので、契約内容は十分に検討をすることが大切です。

 

 

▼まずは、こちらからお問い合わせください。


公正証書作成のご案内 予約・お問い合わせは0120-717-067へお電話ください!
公正証書作成のお申し込み
面談のご予約

このページの先頭へ